Appleによる変革がまた起こるのか

1月27日にAppleから特別イベントがあるというアナウンスがされただけで、その後目新しい情報が流れてこない状況が続いています。


リンゴ好きにはここ数日はやきもきされる日々ですね。
日本では26日ですが、現地時間ではあと2日あります。「最新の創作品」というキーワードにかなり期待は高まっていますが、どんな機能があるどんな製品なのでしょう。下馬評どおりのタブレットPCなのでしょうか、それとも・・・。

アップル製タブレット、初年度売上は約30億ドルか--アナリスト予測

 噂されているAppleのタブレットの外観や機能については、これまで多くの憶測がなされてきた。だが、RBC Capital MarketsのアナリストMike Abramsky氏は、米国時間1月27日に発表されると見られるこの機器が、Appleにもたらし得る売り上げを予測している。

 AppleInsiderの記事によると、Abramsky氏はタブレット1台の販売価格を600ドルと予測しているという。この価格だと、初年度に500万台が売れるという「基本の」シナリオで、Appleの売り上げは28億ドルも伸びることになる。

 もちろん、昨今では新製品を発売する際に価格がどれだけ重要かということは誰もが知っている。そこで、Abramsky氏はほかに2つのシナリオを示した。もしAppleがタブレットを800ドルで販売すれば、販売台数は100万台で、売り上げは7億7700万ドルとなるだろう。

 ここでは、価格が高くなれば販売予測台数は下がるという傾向が見てとれる。

 AppleInsiderに再掲された声明の中で、Abramsky氏は次のように述べている。「(1月27日に発表されると予測される)Appleのタブレットに対する期待は、十戒をもたらすモーゼへの期待に似ている。高い期待にもかかわらず、われわれは、Appleが『Mac』によってPCを再定義したように、革新的なタッチ機能やジェスチャ機能と『iTunes』コンテンツを共に備えた新しいポータブル機器への欲求を『創造する』ことによって、ポータブルコンピューティングを再定義する計画だと考えている。『ヒット』を生み出せば、Appleにとって新たな成長の原動力となる可能性がある」
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/139385942
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。