小型で安価なiPhone登場?

魅力的ではあるけれど、ちょっと大きいかなと感じていたiPhone。
一回り小さくて価格も安くなるのなら、手にしてみたいというユーザも多いのではないでしょうか。


iPhoneの魅力と感じる点は、なんと言っても写真やHDビデオの撮影。
個人的にはネットやメールはやっぱりパソコンの方がどうしても使いやすいもので、”スマートフォン”に対して期待を寄せる部分はあまり大きくないのです。


電話の機能プラスαの付加価値で手頃なサイズというのはかなり魅力的。
現実に市場投入されるかは判らない状況のようですが、買い替え候補に入れておくことにします。


「Apple、iPhoneの小型バージョン開発」とBloomberg報道

 米Appleは、従来よりも小型で安価なiPhoneのバージョン開発していると、Bloombergが2月10日、情報筋からの話として伝えた。

 試作機はiPhone 4の3分の2程度の大きさだと、同サイトは試作機を目にした人物の話として報じている。

 Appleは、この新型iPhoneをキャリアとの2年契約なしで200ドルで販売することを考えているという。

 Appleは今年中頃にこのデバイスを発表することを目指しているが、立ち上げを延期したり、取りやめる可能性もあるとBloombergは伝えている。

 Appleはコメントの求めに応じていない。

 同社が開発した製品を結局市場に投入しないことはよくある。

 Bloombergによると、Appleは世界の2つの主要な携帯電話規格に対応したデュアルモード端末にも取り組んでいるという。

 米国でiPhoneを取り扱っているAT&Tはコメントを控えた。同じくiPhoneを販売しているVerizon Wirelessには連絡がつかなかった。

 Appleの株価は10日、NASDAQ市場で1%下げて354.54ドルとなった。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。