ジョブス氏最後の作品”iPhone 4S”絶好調

スティーブ・ジョブスが「Appleの歴史で最も成功」と称したiPhone 4は3日で170万台の販売でありました。追悼の意味も含まれていたのかもしれませんが、忘れ形見となったiPhone 4SはiPhone 4の記録を軽く塗り替えるものに。


できればこの快進撃を、彼に見守っていて欲しかったですね。


iPhone 4Sの販売台数、発売後3日で400万台を突破


 米Appleは4月17日(現地時間)、14日に発売した新型スマートフォンの「iPhone 4S」が、3日間で400万台以上売れたと発表した。

 14日に発売されたのは、米国、オーストラリア、カナダ、フランス、ドイツ、日本、英国の7カ国。28日にはさらに22カ国で、年末までにはさらに70カ国で発売される見込みだ。

 12日に公開されたモバイルOS「iOS 5」のユーザーは2500万人以上に上り、同日オープンしたクラウドサービス「iCloud」にサインアップしたユーザーは2000万人以上という。

 同社の上級副社長のフィル・シラー氏は発表文で「iPhone 4Sの最初の3日間の販売台数は、iPhone 4の同じ期間の販売台数の2倍以上になった」と語った。iPhone 4は、2010年6月24日(木曜日)に米国、日本、英国、フランス、ドイツで発売され、3日で170万台を売った。


水を指す人たち
はっきりいって消滅してほしいゎ。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。