番外編 Mobile Gear 2

本来このカテゴリーでは公表すべきではないのかもしれないけれど、”懐かしの周辺機器”つながりということでひとつご容赦願いたい。
今回復活させたのはMobile Gear 2(通称モバギ)である。電子手帳だPDAだともてはやされた時期に、何を使おうかと考えたぼくは、とりあえずペンデバイスのPDAを使うくらいならシステム手帳の方が便利そうに見えた。それなら男性の手でもぎりぎりタッチタイピングが可能なキーデバイス。しかも電源がない場所でも、ある程度使える製品をと消去していくと自然にここに辿り着いた。生っ粋のマカとしてはなんとなく気になったWindows系のOSだったが多少の我慢は必要だと妥協した次第。

用途が限られているのでモノクロモデルをチョイス。これはバッテリーの持ちを優先した結果だ。しばらくの間、モバギ専用に使っていたPCMCIAのLANカードを弟に貸し出しており休眠状態にあったのだが、今回LANカードが戻ったのを機に復活させることになった。それでは恒例のレビュー記事をどうぞ。

LANカード これがWindowsCE対応のLANカード。
パソコンショップでみつけた時は、小躍りしてしまいそうになったものだ。今回は、ただ復活させて活用するだけではなく、家庭内LANに組み入れてしまおうというもくろみでいる。

with DynaBook A4サイズのノートパソコン(DynaBook)の上に重ねてみた。その大きさがわかるだろう。こんなに小さくても使い方によってはかなりのパフォーマンスを発揮する。

接続ケーブル こちらの写真はモバギとDynaBook(母艦)を接続するケーブル。
このケーブルを介してWindows98やMe、XPなどと通信をし、ソフトやシステム増強・データの同期を取ったりといった情報のやり取りをする。
余談だが、管理が悪くどこかにしまい忘れて、あちこちひっくりかえして探すはめになった。

デスクトップ 今ではかなり非力になってしまったDynaBook(OSはWindows98SE)。
できるかぎり最小のシステム・ソフトの構成で使っている。MicroSoft社のサポートが切れる頃には、多分Linuxマシンとして動いているはずだ。

インストール作業 まずはWindowsCEと通信するためのソフトを母艦にインストール。
先日母艦側のシステムを再インストールしてしまったため、この作業が必要になる。通信ソフトであるActhiveSyncは頻繁にバージョンアップされているわりに、なぜかネットで探しづらい。情報検索のスキルにもよるだろうけれど、ぼくの場合、苦労してみつけたページが閉鎖されていた。そこでGoogleのキャッシュ機能でたどったページから行くことができた。
LPC-2T ぼくの選んだLANカードはメルコのLPC-2Tというモデル。
一応対応はうたっているが、WindowsCE用に作られているマニュアルはなく、接続設定を記したテキスト書類がフロッピーディスクに入っていただけである。普段マカが受けている仕打ちを彷佛させるような対応に、なんとなく肩身がせまく感じた。

ケーブル ActhiveSyncのセットアップが済み、ケーブルを使ったモバギと母艦の接続が完了したところで接続実験。普段聞いたことのない”音色”がモバギからも母艦からも聞こえてちょっと驚かされるが、接続は支障なく完了。

次にLANカードでの接続に移るのだが、ぼくの古いモバギでさえCPUが2種類存在し、それぞれの設定が変わる。これを読んで作業される方への配慮を優先して、詳細な解説はしないことにする。
実際、マニュアルに沿って作業すれば簡単にできる。

娘登場 モバギでもインターネットができるようになったことを知ってか知らずか・・・。
すべての作業が完了した頃、突然あらわれていじり出した娘。もはやこの娘に怖いものはないのか?

Google LANに組み込みがおわり、ぼくの中で使用頻度が一番高いサイトをまずは登録。
とりあえずGoogleがあれば他はいい。

cafebreak 写真は以前公開していた当サイトのコーヒーブレイクを表示した画面。
非力なブラウザではあるけれど、CSSを使っていないページはパーソナルコンピュータのブラウザと同じように表示できる。

stickthroat ここは”他の人格(?)のぼく”が運営しているサイト。今のところ、映画のレビューを公開している。
手前味噌になるが、けっこう評判良いようだ。リンクは用意していないけれど、気になる方は探してみるのも一興かと。


そんなわけで駆け足で済ませてしまったけれど、”モバギ”はこれで復活。
魅力は、その携帯に便利な媒体とスイッチを入れた瞬間に起動してすぐに使えるようになるパフォーマンス性にある。このちょっとメモを取る感覚で使える手軽さがいい。
実際、本体を買ってケーブル類を調達して・・・と買いそろえていくとコストはかかってしまうかもしれないけれど、手にしたら離せない魅力があると思う。
入手できる機会があったら是非、お試しいただきたい。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。