HOLON Linux導入記

Holon Linux 現在稼動している我が家のMacは4台。PowerBook1400/G3で主にテキスト入力作業をPowerMac4400で3Dを含む画像処理をiMacはファイルサーバを兼ねたWeb閲覧マシンとした位置付けで使っており、iBookはどちらかというと溢れていた存在。G3チップ搭載のため、OS10.3を走らせるには力不足。かといって10.1や10.2の入手は困難とあってその用途を模索していたところ、見つけたのがHOLONLinuxというLinuxディストリビューション。 以前、PowerMac4400に苦心してインストールしたMkLinux。こちらはApple謹製のLinuxだが、入手してインストールしてみた時点ですでに開発中止の状態。わからないなりにいぢくりたおし、結局ネットワーク設定あたりで断念してしまったまま。まぁ、使えるがそのまま放置しているといった状態である。 そこでちょっと敷き居は高いが、iBookをLinuxマシンとして活用することにした。 以下は、Linux導入記である。

iBook わたしの使っているiBookはMacOS9.2とMacOSXをデュアルブートで使えるモデル。といってもソフト購入までなかなか手がまわらないこともあり、OSXはほとんど立ち上げることはなく、もっぱらOS9.2を好んで使っていた。放熱が悪いのか負荷がかかり過ぎるのかは不明だがOS9.2で稼動するiBookは30分もすると熱を発する。これもひとつの懸案事項ではあった。
写真は最後にiBookでMacOSを起動させた様子。
h_linux2.jpg ハードディスクをまるごとCD-Rにバックアップを取り、まずはCD-ROMからブートする。Macで普段使っているHFS形式のフォーマットではLinuxは走らないため、またLinuxを使うにはサイズは小さくて良いのだが複数のパーテーションに分割することが必須となる。なのでまずはハードディスクのイニシャライズとパーテーションを切り分ける作業が必要となる。

イニシャライズはApple HD SC Setupを使い、パーテーションを切る作業はpdiskというユーティリティを使う。これが対話式で作業をすすめることができるとてもいいソフト。すべて英語なので、慣れるまでがちょっと大変かもしれないが、使い方のコツをつかんでしまうといつでも使いたいくらいお気に入りになるはず。ただpdiskに慣れる頃には作業が終わってしまうのが難点。MacOSとLinux側それぞれのプラットホーム上で同じように作業ができる点も魅力。
インストール MkLinuxをPowerMac4400にインストールした時は、外付けSCSI接続のハードディスクにした都合上、アップル純正のフォーマッタソフトであるApple HD SC Setupがそのまま使えなかった。そこでResEditでApple HD SC Setupを自己責任で勝手にバージョンアップ!だんだん泥沼にハマっていくようで取り返しのつかないことになりそうな予感がした記憶がある。しかし最近のLinuxはインストーラがカッチリできているので安心。ハードディスクのフォーマット以降は、HolonLinuxのインストールCD-ROMからブートすると勝手に作業が進む。

写真はインストールしたLinuxをどのような構成にするかをきめる画面。ワークステーション・サーバ・ラップトップ・カスタムの中から選ぶ。どのような用途で使うかによるが、今回の主旨はMacOSXの代替として考えていたことからワークステーションをチョイス。いずれLinuxの操作に慣れたらサーバとしての利用も視野に入れている。
完了 めでたくインストール作業が完了。
電源を入れなおすとADSLの設定が消えてなくなる現象が起きてすんなりネットにアクセスできなかったり、起動したX-Windowの不調が起きるなどの不具合が発生したため都合3度程インストールをしなおした。当初の懸案だった発熱の症状もまったく起こらず、Linux特有のコマンド操作に慣れてしまえばこんなに楽しいOSもない。現在でもすこぶる快調である。

HolonLinux導入編 総評

総評として、古いマシンを再利用するならLinuxなどというコピーをよく耳にする。
でも実際はちょっと違うと思う。確かに基本的にはUCIベースのOSだからクロック周波数が低い昔のマシンでも・・・と考えがちだが、いままで使っていたMacやWindowsのようにマウスでクリッククリック!!したければLinuxのGUI環境”X-Window"が必要になる。でもこれがなかなかCPUパワーを使うのだ。遅いマシンではとてもストレスを感じてしまうと考えたほうがいい。

というわけで、もしあなたが「古いマシンをサーバとして再利用する」と考えるならコスト面からも運用面からもLinuxを選ぶべきだと思う。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。