iBook


ぼくにとってiBookは明らかに衝動買いであったと言い切れる。PowerBook&iBook
これは買う理由がなかったマッキントッシュである。
基本的にモバイルという使い方はしない。万一必要に迫られてする場合でもMobileGearを携帯すればこと足りる。携帯性にしても起動してものの数秒で使えるようになる環境もいいし機動力が高い。キーピッチもこれならぎりぎりタッチタイピングできるし、スケジューラとちょっとしたメモ機能があれば用は足りる。


ではなぜiBookを買ってしまったか?

なぜだろう?理由はわからない。OSXに完全に移行してしまう前のデュアルブート環境を1台用意しておこうとしたのか?それとも手持ちのお金に余裕があったのか?

ウェブデザインにしてもテキスト作業にしても、電源が供給されていて1台マッキントッシュがあればその空間がオフィスになる。時にはCDを聞きながら、時にはiTunesで音楽をバックグラウンドでかけながら……。

理由らしい理由といえば、詳しい背景は忘れてしまったけれどショップで見た時に「家に連れて帰ろう」となぜか強く感じた。それだけを鮮明に記憶している。あの時ぼくの中の物欲魔王は手軽に持ち運べるオフィスが欲しくなったのかも。



・・・と、ここまでは半年以上前に書いた文章である。

今回、リニューアルに際してかなり修正・加筆をしているのだが、iBookについてもこのときから状況は一変している。ぼくのiBookはメモリはフルに搭載しているが積んでいるチップはG3。付属のCD-ROMのOSXのバージョンも10.0コンマいくつなので、ベロシティエンジン搭載の環境を必要とする10.3でも重く、時期が遅すぎたせいだろう旧OSの入手も難しい状態だ。



 ネットで旧OSを探しているとき目に止まったのがHOLON Linux。

 そう、MacOSにこだわる必要はなかったのである。Linuxについては、苦労はしたけれどPowerMac4400にMkLinuxのインストールをしていたので経験済み。OS単体の価格もOSX Tigarに比べて約半額とリーズナブルなので、3秒ほど悩んでから即決したのであった。

Linuxでどんなふうに使っているのかという話は、またの機会に譲るとして今回はHOLON Linuxの導入記をお伝えする。



HOLON Linux導入記へ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/27084902
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。