アップルのスピード

 Netflixのすぐ後ろに、すべてのハイテク企業が見たくないと思っている企業の影が忍び寄っている。Appleだ。

 Appleは米国時間1月15日、大手映画会社各社とライセンス契約を結んだことを発表した。これによりAppleは、DVDリリースから1カ月後には、新作映画を「iTunes Store」で提供できる。

 これはつまり、オンラインの映画レンタルサービスでAppleが1歩大きなリードを奪ったことを意味する。オンラインの映画サービスでユーザーが抱いている最大の不満の1つが、どこも新作映画を取り扱っていないということだ。ケーブル会社が提供しているビデオオンデマンドサービスについても、ある程度同じような状況だ。

 そのうえ、Netflixのサービスでは、配信される映画作品はMicrosoftのOSを搭載したコンピュータでしか視聴できない。

 Appleの最高経営責任者(CEO)Steve Jobs氏は、15日の「Macworld Conference & Expo」で行った基調講演で、新サービス「iTunes Movie Rentals」で提供する映画は、PCおよび「Mac」「iPod」「iPhone」「Apple TV」で視聴できる点をアピールした。

 Appleはまた、同サービスで扱う映画を高解像度(HD)で提供することで大半の競合に対して優位に立つ。Jobs氏によると、映画はストリーミング形式で配信されるので即座に視聴できるという。レンタル期間はダウンロード後30日だ。ただし、いったん視聴を始めてしまったら、それから24時間がタイムリミットとなる。

 レンタル料は新作が1タイトル3.99ドルで、旧作の場合は2.99ドルだ。また、これに1ドル追加すれば、HD版がレンタルできる。Appleは、2月末までに1000タイトルを揃える計画だ。(後略)


http://japan.cnet.com/special/story/0,2000056049,20364959,00.htm


MacBook Airの衝撃的なデビューに圧倒されて、うっかり見過ごしがちになっていたもうひとつの目玉「iTunes Movie Rentals」。


「iTunes Movie Rentals」は新作映画を「iTunes Store」で提供できるサービス。さらりと書いていますが、これも既存の常識を覆すくらいインパクトがありますね。


携帯ミュージックプレーヤー、携帯電話、そしてノートパソコン。それまでの常識がアップルによってどんどんと新しいものへと書き換えられていきます。このスピードには、はっきり言ってちょっと追いついていけてないような気がしています。


今度は映画。1年後の映画コンテンツを取り巻く環境はどんな風にかわっているのでしょうね。
この記事へのコメント
VideoRentalの方は、色々あって北米でも未だどうなるか判らないみたいですよ。
勇み足とも囁かれてますしね…。

MacBook Airは、これ復た受け売りですが、アタシも"SONYっぽい!"なと…。
そ〜云われてみればそう見えて来ますやね。
でも、モロ直方体であの薄さじゃゴーフルみたいなもの。折れますね。
筐体材質のアナウンスは???

そ〜ですか。アタシは余り斬新さを感じてない方ですぅ。
MB_Airにしても、驚いたのはこの形かぃって部分でした。
そして、64GBのSSDを調達しちゃう辺りには大きくなったAppleと云う企業の勢力を感じます。
poormacker
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。