過去記事のアップ終了

MacManiacsというウェブサイトを運営していました。
無料なのに広告も入らない優良なサービスだったのですが、一部の心無いユーザが巨大なファイル置き場に使っていたとかであえなくサービスが終了。自身の記録用として、またどこかの誰かのお役に立つことができればとMacManiacsのコンテンツだけはウェブ上に残しておこうと考えて、ローカルエリアに取っておいたバックアップを少しずつアップロードしはじめて約1年半、ひとつ前の記事でようやく過去記事のアップが終了しました。

ぼくの使っているMacの環境は当時からあまり変更がなく、正確にいうとOldMacManiacsだったっりします。
今後はそんな視点からカテゴリを増やして、今のMacやこれから登場するMacについていろいろと書いていこうかなと考えています。

では改めましてMacに心奪われし者!ここに集え!

ファイルサーバ

2006/08/29

Macで使っているファイルサーバをLinuxで構築して……というコラムを以前書きました。
書類を一ヶ所にまとめておけるということだけで、実はかなり作業効率は上がります。特にPowerBookはテキスト乱れ撃ち用とか、PowerMacはグラフィックが強くて……などといった特性に応じた使い分けをしている際にはより効率は上がります。ひとりで使っていてもこんなにパフォーマンスの良さを痛感するのだから、グループワークなどで使ったら採算性の向上にどんなに貢献することでしょう。


近頃は、PCとMacに同じチップが載るようになりプラットフォームがシームレスになりつつあります。一部の仮想化ソフトではクリップボードの共有ができないなど、「オイオイ」とツッコミを入れたくなるような出来の製品もあるようですが、いずれそんな障害はクリアできるでしょう。でもね、実際にケースバイケースでOSを切替えたり使い分けたりするんじゃなくて、異なるプラットフォームから同じ書類を読み書きできる体制を作る方がずっと重要性が高いんです。
MicrosoftのNT系のサーバでアップルトークに対応している?
そんなことは知っていますが、それって本当に使いやすいですか?


DAVEやPC MACLANを使えば?
ネットワークに"混在"させるだけが目的ではないので……



OSXサーバはとても魅力を感じます。
手持ちのiMacやiBookでネットブートってのも体験してみたいです。金銭的に余裕が出来ればの話ではありますが。

でも費用はかからないし、設定作業がとても勉強になった「古いPCにオープンソースのLinux」。最初、Linuxは敷居が高いかもしれません。それでも埃をかぶっているパソコンがあれば十分試してみる価値はあると思いますよ。

Parallels Desktop

2006/06/21


MacOSにWindows環境を提供する「Parallels Desktop for Mac」がリリースされました。

MacManiacs
AppleのBoot Campとの絶対的な違いはOSを切り替えるための再起動が必要ない点です。だからコピペで環境をまたぐことも可能なんですね。サポートするOSはWinXP、2000、ME、98、95、3.1(えっ?3.1って……)、Server2003、NT、Linux、FreeBSD、Solaris、OS/2などなど。
OSフェチにはたまらない仕様となっております。

日英の入力モードの切替えってWindowsだとIMEのバージョンにもよりますが[半角/全角]、Macは英数キーとかなキーでの切替えです。Linuxは主にShift+スペースが多く、KNOPPINのように[Ctrl]+スペースなんてのもあります。

自分的にはそれぞれのパソコンに向かうと自然と手が動くようになりましたが、1台のパソコンでたくさんのOSが走るとなると……ちょっと辛いデス(何が?)

冗談はともかく、なんだかすごい時代になってきたのは確か。
もうOSの違いなんてだんだん関係なくなってきたのかもしれませんね。




過去に公開していたウェブページを記録用にリフォーム(?)しなおしているこのブログ。ちょうど一年前の今日アップした記事に追いつきました。

記念というわけでもないですがサムネイル(クリックで拡大します)は、在りし日のMacManiacs。
今さらになっちゃうけれど、アクセスもけっこうあったんですよ(^^;)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。