iPadの寿命は?

製品サイクルがこんなに短いなんて・・・この記事は個人的に衝撃を受けました。
ぼくのiPadは2013年3月に購入。丸3年を越えたところ。

20160420.jpg画面の明るさの自動調節は常にOFF、バッテリーチャージも負荷をかけないよう一定時間放置後に時間を測って行うという配慮をしています。
そのため現時点でも良好なのですが・・・。

貼り付けた写真は某電器店で入手したBluetoothキーボードとスマホ。
ちょっとした打ち合わせならばこれだけで済んでしまうことに気づきました。(打ち合わせの相手にはちょっと不思議がられますが・・・)

記事ではiPadについての寿命は明確に書かれていないようです。
そのため性格な製品寿命はわかりませんが3〜4年といったところなのでしょうね。
それじゃ、ここからが勝負だ(^^ ;)/

iPhoneは3年、MacBookは4年が寿命 Appleが公式発表

アップル社の製品には、かつて都市伝説として広まった「ソニータイマー」のような仕組みが組み込まれている訳ではない。しかし、アップルは同社の製品寿命に関し明確な基準を持っており、それはユーザーが思うよりも短いことが分かった。

アップルは先日更新された公式サイトの環境ポリシーページで、製品の想定使用年数に関して明らかにした。それによると、アップルが想定するiPhoneやアップルウォッチの使用年数は3年、MacやアップルTVに関しては4年ということだ。「Appleは、Apple製品の温室効果ガスのライフサイクル評価をどのように行っていますか。」という質問に対し、アップルはこう答えている。

iPadの次にくるもの

20130426.jpgアップルのCEOから発せられた『刺激的な新製品カテゴリを発表』。たいへん気になるところです。
筆者の使っているシステムはMacからLinuxへと一度離れはしましたが、我慢できずに購入してしまいました・・・iPad4 レティナディスプレイ

購入後すでに1か月以上経過しておりますが、久しぶりに手にした林檎マーク。
そのクオリティの高さに舌を巻いております。販売台数はiPadminiの方が多いと訊いてますが、個人的にはiPadで正解だったと考えています。

iPadから始まったタブレットPCはすでにかなり普及し、来年あたりにはタブレットPCがノートPCの出荷台数を超えるとの見通し。元記事によりますとAppleが減益とのことですが、やっぱり”その先のこと”を考えていたようですね。

どんな隠し玉があるのか、小遣いを貯めつつXデーに備えたいと思います。

Appleの新製品投入は2013年秋から2014年にかけてだとティム・クックCEO


Appleが2013年第2四半期決算報告を行い、その中でティム・クックCEOが、2013年秋から2014年にかけて「刺激的な新製品カテゴリを発表する可能性がある」と語りました。
Appleの2013年第2四半期業績は売上が436億ドル(約4兆3000億円)で、純利益は18%減となる95億ドル(約9444億円)でした。Appleが減益となるのは10年ぶりのことで、成長ペースが鈍っていることから、第3四半期にはさらに下回る可能性があると見られています。

しかし、ティム・クックCEOは成長が鈍っていることはAppleの失敗を意味するのではないと語り、2013年秋から2014年にかけて新たなカテゴリの製品を投入することを発表しました。

この新製品は「エキサイティングなもの」で、多くのサプライズが詰め込まれているとクックCEOは語っており、この驚くべき新しいハードウェア・ソフトウェア・サービスのため社内が非常に多忙なものの、成功については強い自信を見せました。(後略)

iPad mini 26日から予約受付開始!

噂通りiPad miniがネーミングもそのまま登場しました。
まずはスペックをと思い、アップルのページと手元にあるNexus 7のカタログを見比べることから・・・。
実はiPadは持ってないのですが、仕事でセットアップを依頼されたことがありまして、使い勝手もパフォーマンスも熟知しているつもり。それもあって発売を心待ちにしていました。

用途としては外出時に持ち歩くつもりなので、まず気になったのは媒体の大きさ。
今使っているタブレットPCと比べると幅がかなり広くとってあります。定規を手に同じくらいのサイズを探してみたところ、ちょうどDVDジャケットと同じくらいの幅。今はちょっぴり違和感がありますが、実際に購入して使い始めてしまえばすぐにそんなものは吹き飛んでしまうのでしょうね。

価格は3万円弱から・・・。
Nexus 7が2万円弱からだから?いいところを突いてきますな。

本体を購入していざ使おうとアプリを探すと、Androidは無料だけどiPad・iPhoneは有料というケースが多いことに気づきます。いろいろやってみようと思うと、ランニングコストがかかっちゃうかも。
iPad miniとNexus 7・・・どっちにしようかな(^^ ;)


「iPad mini」発表 2万8800円から


 米Appleは10月24日、タブレットの小型版「iPad mini」を11月2日に発売すると発表した。日本での価格は2万8800円から。予約は10月26日から受け付ける。Cellularモデルは11月下旬に発売する。

 iPad miniは7.9インチ液晶ディスプレイ(1024×768ピクセル、163ppi)を搭載。解像度はiPad 2と同等で、うわさされていたRetinaディスプレイの搭載は見送られたようだ。

 サイズは200(高さ)× 134.7(幅)×7.2(厚さ)ミリ。重さはWi-Fiモデルが308グラム/Cellularモデルが312グラム。

 プロセッサはデュアルコアA5。500万画素カメラを搭載する。DockコネクタはiPhone 5から採用された小型のLightningコネクタ。音声認識によるアシスタント機能「Siri」を利用できる。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。